体の洗い方が肌トラブルを招く

何気なく毎日入浴中に、清潔を求め、ナイロンタオルなどでゴシゴシこすって洗っている方、お肌の乾燥でお悩みではありませんか?

硬いタオルでかゆいところを強くこするとイタ気持ちいいと毎日それが習慣になっていると、肌がボロボロになっているかもしれません。

ボディーだって大切なお肌です。
お顔だけ気を使ってクリーミーな泡で優しく洗い上げ、体は力任せで保湿もなしというのはあまりおすすめできません。

顔の洗顔に硬めのタオルやボディブラシでゴシゴシこするのは汚れが落ちる気がしますが、それは肌を傷める原因になるのです。

いつも背中がかゆい、ピリッといつも違和感がある、無意識に体をポリポリかきむしっている方は、入浴時の体の洗い方に問題があるのでは?

体を洗いすぎると乾燥が生じ、肌が荒れたり、かゆみを引き起こします。
あっ!私かもと思われた方は、刺激の少ないボディーソープで柔らかい綿素材のタオルなどで優しく洗いましょう。

お顔と同じで保湿も忘れずに!

ナイロンタオルなどのゴシゴシ洗いはとても危険です

ナイロンタオルを使って、かゆいところが気持ちいいと、こすっている方いませんか?

実は汚れよりも角質や潤いを洗い流し、角質層に傷がついているかもしれません。
ガサガサになった皮膚の表面はかゆみを生じやすく、さらにこする事を繰り返してしまい肌には悪循環です。

お風呂に入ったからと力任せにこすり上げて洗う方法ではなく、表面の汗を流す程度で十分なのです。
角質層は肌のバリアのようなもので、傷がつくと再生に2週間以上もかかるのです。

ナイロンタオルはガリガリした触り心地で、敏感肌には刺激がとても強いのでおすすめできません。
この刺激は肌の黒ずみを引き起こしやすくなります。

毎日使用していると、摩擦黒皮症になるかもしれません。
広範囲に肌の黒ずみを起こし、境目がないので気がつくのが遅く、広範囲に黒くなって、アレ!とびっくりするのです。

長年の使用でこの症状は出てきますのでナイロンタオルはお肌のトラブルを抱えている方にあまり、おすすめはできません。

オススメは肌に泡をのせて洗う

体の洗い方を間違えると、お肌が老化への道をたどってしまいます。
ガリガリこする体の洗い方では肌に刺激が強すぎます。
こするのではなく、泡をのせるのです。滑らすように洗う方法です。

毎日全身強い力で体を洗い上げるのは極力やめましょう。
汗や臭いのキツイ部分やニキビのできやすい、足の裏、足の指のあいだ、陰部、背中、胸、脇、へそは毎日たくさんの泡で丁寧に洗い、ほかの部分は泡を滑らせすすぐ程度で十分なのです。

入浴の順番もあります。
バスルームに行き、あなたはいきなり、湯船に浸からずに冷たい体を全身洗い上げる方法で毎日行っていませんか?

オススメの入浴方法は、かかり湯をし、陰部を洗い、湯船に浸かって全身温まってから体を洗った方が、お肌に刺激を与えずに洗い上げることができます。
汚れがふやけ、泡を滑らす程度で汚れは落ちます。
刺激の強いボディーソープはお肌に刺激が行き、乾燥を引き起こしますので、弱酸性がおすすめです。

体の洗い方は、ネットで泡をたくさん作って、洗い上げる方法がベストです。

優しく洗い上げたら保湿を忘れずに。