ビタミンC誘導体の種類と3タイプの特徴

ビタミンC誘導体には、水溶性・脂溶性・進化型があります。

ビタミンC誘導体の効果には、シミなどの美白効果や、ニキビの発生を抑えたり、強い肌へと生まれ変わる強い味方です。

ビタミンC誘導体では、僅かではありますが、皮脂を抑制してくれる作用などがある為、ニキビをしっかり食い止めるのに、非常に有効的であったりもします。

水溶性ビタミンC誘導体、脂容性ビタミンC誘導体、進化型ビタミンC誘導体など、詳しく説明して行きたいと思います。

水溶性ビタミンC誘導体とは?

水溶性ビタミン誘導体の優れた性質として挙げられるのが、即効性がかなり高い点だと言えます。

非常に短い期間などにより、肌へと浸透して行くので、ビタミンCが秘めている高い効果などを、しっかりと実感する事が出来たりします。

水溶性ビタミンC誘導体には、リン酸アスコルビルマグネシウムと、リン酸アスコルビルナトリウムなどがございます。

水溶性ビタミンC誘導体の欠点として、皮脂が分泌されて行く力により、極端に乾燥しやすいお肌へと変化して来たりします。

他にも強いダメージなどを皮膚組織へと、どうしても与えてしまう恐れなどが、とても大きいようなので、充分な保湿ケアなども決して怠らずに、必ず実行に移して行って下さい。

脂容性ビタミンC誘導体とは?

乾燥肌に敏感肌の人達などや、成人した方々の肌トラブルの改善効果や作用などへと、特に適しているビタミンC誘導体の種類であります。

水溶性と比較すると即効性はそれほど高くないようですが、水溶性ビタミンC誘導体よりも、角質層や皮脂膜へと染み込んで行く確率などが明らかに高いと言う、素晴らしい特徴などをきちんと備えていたりもします。

脂容性ビタミンC誘導体とは、かなり高濃度ではあるようですが、だからと言って刺激が強い訳では決してございません。

逆に低刺激で安全面に於いてでも、とても優れている性質などを、きちんと併せ持っていたりもします。

その他に効果のキープ力などを、水溶性ビタミンC誘導体と比較して見ると、脂溶性ビタミンC誘導体の方が圧倒的に優れているようです。

脂溶性ビタミンC誘導体は、保湿力が抜群に高いので、デリケートなお肌を乾燥してしまうリスクなどから、きちんとガードしてくれたりする、魅力的な効果などが充分に期待出来たりもします。

※脂溶性ビタミンC誘導体には、パルミチン酸アスコルビルなどや、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルなどが挙げられます。

進化型ビタミンC誘導体とは?

進化型ビタミンC誘導体では、水溶性ビタミンC誘導体の1番の特徴である即刻性などと、脂溶性ビタミンC誘導体の最も優れている性質である、真皮へと吸収させて行く力などを、上手く兼ね備えていたりします。

進化型ビタミンC誘導体とは、水分や脂質などに至ってでも、すんなりと馴染んだりして、角質層へと浸透されて行く力なども、大変優秀でもあったりします。

※進化型ビタミンC誘導体の浸透力は、水溶性ビタミンC誘導体と比べて、約100倍とも言われているので、何とも驚愕の数字ですよね。



VCスターターセット

肌の黒ずみスキンケアガイド