肌力にはタンオーバーの正常化が大切です

肌が黒くなるのは、日焼けなどの紫外線だけが肌を黒くするのではありません。
乾燥、摩擦、圧迫、炎症などで肌を守ろうとメラニンが生成され色を黒くして防御する役割があるからです。

肌は、紫外線や刺激からお肌を守るためにメラノサイトが活性化してメラニンが生成されます。
メラニンは、紫外線を吸収したり炎症を防ぐ役割など、細胞が傷むのを防ぎます。

通常は、新陳代謝ターンオーバーにより、新しい細胞が生まれて、素肌は生まれ変わるのです。

しかし、ターンオーバーが正常に行われないとはがれ落ちるはずのメラニンが、色素沈着してシミや黒ずみになります。

素肌の新陳代謝 別名【ターンオーバー】
肌の黒ずみが消えない原因は、ターンオーバーの乱れや新陳代謝の低下などです。

新陳代謝が低下する要因は、年齢とともに低下したり、ストレス・疲労・肥満など生活習慣の乱れなどが原因で低下してしまいます。
新陳代謝の低下によってターンオーバーの周期速度が乱れます。

新陳代謝の低下やターンオーバーの周期の乱れは、人それぞれに考えられます。

肌の黒ずみになりやすい身体の各部位は、、鼻・肘・脇・膝・乳首・お尻・ビキニラインやデリケートゾーンなど色々な要因でなりやすいところです。

ターンオーバー速度は体の部位によって異なりますがおよそ28日~56日程度と言われています。

ターンオーバーは遅すぎても早すぎても肌トラブルの原因となります。

生活習慣からターンオーバーを正常化

肌の黒ずみは、年齢を重ねるごとに不安になる。
ターンオーバーの周期には個人差がありますが、年齢とともに低下したり、生活習慣の乱れなどの原因で周期に変化が現れます。

ターンオーバーの周期が乱れるとメラニンへの影響が、おおきな問題です。
皮膚の新陳代謝が悪くなってメラニンが排出されにくい。
ストレスや疲れ、肉体的な変化などによってホルモンのバランスが乱れてメラニンが増える。
皮膚の脂質が酸化されてできた過酸化脂質の刺激でメラニンが増える。

肌にとってターンオーバーの正常な働きは、とても大事です。
生活習慣とターンオーバーの関係とスキンケアが、日頃の肌の状態を表しています。

肌を長く綺麗に保つ秘訣は、実は、生活習慣を大切にすることが美しい肌づくりの第一歩なんです。
ターンオーバーの正常な周期を維持し続ける秘訣は、生活習慣をちょっと見直してみること。
できることから始めてみては、いかがですか。

年齢と共にターンオーバーは、乱れていく

ターンオーバーとは、肌のセラミドなどのキメが整うように肌が生まれ変わることです。
また年齢と共にターンオーバーの正常化が乱れてしまいます。

その原因は生活習慣の乱れからのものが多いようです。主な要因は睡眠不足や栄養の偏りが挙げられます。
タンオーバーの周期

ターンオーバーは寝ている時に行われ、夜の10時から2時の時間帯が活発になるといわれております。

ターンオーバーには6時間かかるので最低でも6時間以上睡眠をとらないとなりません。
質の良い眠りでぐっすり眠ることが大切です。

食事の見直しもとても大切です。
肌のターンオーバーを正常にするには栄養の偏りをなくした健康的な食事を心がけることです。

栄養の偏りがあると皮膚のセラミドの再生が乱れ、常にカサカサしたり、過剰に皮脂が浮き出て鼻の頭がテカテカになったりして、皮脂が過剰分泌を引き起こしやすい状態になります。

肌のターンオーバーが健康的に生まれ変わるように、たんぱく質、ビタミン<、亜鉛がバランスよく含まれた食事が必要です。

肌の黒ずみスキンケアガイド