膝の黒ずみにクリームで刺激や摩擦に負けない美肌作り!

膝の黒ずみは、意外と気付かず、ケアを怠りやすいところです。

膝の黒ずみの原因は長年の刺激や乾燥によるものです。

膝の黒ずみが出来てしまう原因と専用クリームについてまとめてみました。

膝の黒ずみにクリームで十分な保湿が必要

お風呂上がりには、お顔同様に化粧水や美容液、保湿クリームなどを塗ってあげると随分変わります。

膝にきちんとした保湿ケアを行えばターンオーバーが正常になり自然に膝の黒ずみをとることができます。

さらに硬くなりすぎた膝には、たっぷりの保湿クリームを塗り、ラップで10分パックをしてあげると1日で見違えるほどキレイになります。

膝の黒ずみに悩む

膝の黒ずみについて詳しく解説します。

膝が黒く見える

膝が黒ずんで見えるのは、刺激や圧迫によって肌がメラニンを沢山作ってしまい色素沈着を起こすということです。

色素沈着は、更なる刺激からお肌を守ろうとするためです。

膝が黒ずみなるメカニズムは、摩擦を受けてダメージを受けた肌が更なる刺激からお肌を守ろうとするためにおこります。
肌の奥にあるメラノサイトという細胞からメラニン色素を発生させてバリアしようとするのです。

そのメラニンが発生しすぎることで、皮膚表面に溜まった角質が色素沈着を起こしてしまいます。
また、膝は内部の骨を守るために皮膚が元々厚くなっています。

そのため角質層が硬くなると、その厚みがある分黒く見えやすいという部分でもあります。

黒く見えるメラニンは悪いものというイメージを持ってしまいますが、メラニン自体はその刺激から肌を守るために生成されるので、肌本来の機能としては正常な働きです。

メラニンの発生による膝の黒ずみは、決して綺麗な肌に見られることはありません。

黒ずみは長年の摩擦や乾燥から

膝は普段の生活している中で刺激や圧迫を繰り返していますので年々黒ずみは濃くなってしまいます。
加齢が原因で黒ずみになることも考えられます。

膝というのは汗をかきにくい場所なので、どちらかというと乾燥しやすく潤いが足りない箇所です。

そういった乾燥している箇所だからこそ余計に刺激によるダメージが大きく、他の関節部分よりも黒ずみが目立ちやすくなってしまうため、黒ずみに対する悩みを抱える人があとを絶たないのです。

普段のクセが要因で膝が黒ずんでしまっている方は、慢性的な刺激になっているため、習慣の改善を行わなければ膝の黒ずみがとることはできません。

膝の黒ずみには、意識的に膝への刺激を無くす努力を行うようにしましょう。

膝の黒ずみには、専用クリーム

膝の黒ずみには、保湿クリームで肌力を強化することです。

膝の黒ずみの大事なポイントは、潤い成分をたっぷり与えて肌力を向上させることです!

膝の専用クリームで徹底保湿

ロコシャイン 膝専用保湿クリーム‎
膝の乾燥が原因の方は短期間で潤い。‎
ラスター 膝専用クリーム‎
膝下の乾燥やブツブツに実感。‎

膝の黒ずみには、専用クリームでしっかり保湿してあげることから初めましょう。
膝の黒ずみ専用クリームで早目の集中ケアをおすすめします。

膝の黒ずみにクリーム こんな人におすすめ

膝に専用クリームで肌力を上げる

膝は、毎日の生活でいつも曲げたり伸ばしたりを繰り返しています。
その為に膝の皮膚は、伸びやすくなってしまいます。

だから膝の部分には、たるみやシワができやすいです。
このたるみやシワを放っておくと膝は、黒ずみなってしまいます。

膝の黒ずみの原因のほとんどが、刺激や摩擦によって起きます。
出来てしまった膝の黒ずみは、すぐには、取れません。

膝の硬くなった皮膚を柔らかくして上げることで肌本来の機能を活性化させます。

関節部分である膝と、他の部位との大きな違いは、皮脂腺と汗腺がものすごく少ないことです。
だから、潤いを生み出す力が弱く、極端に乾燥しやすいです。

つまり、膝の黒ずみは、潤い不足で弱っている肌がダメージを受け続けている状態です。

膝の黒ずみは、クリームで肌をたっぷりの潤いで満たし刺激に負けない肌力をつくりだすこと!

クリームで膝の肌力を上げる

膝の黒ずみの原因

ふと鏡を見ると膝がなんとなく茶色っぽくなっていると気がつくことがあります。
黒ずみはある日突然現れるものではなく、徐々に色が濃くなってくるので気づく頃にはかなり黒ずみが目立つようになっています。

基本的に黒ずみというものは膝に限らず肌への何らかの刺激が原因で出来てしまうものです。
自分の膝の黒ずみが出来てしまった原因を知ることが重要です。

膝の黒ずみの種類を原因別に「乾燥」「圧迫」「摩擦」といった3つに分けることができます。

膝の黒ずみが乾燥が原因

膝の黒ずみが圧迫が原因
床に膝をつけたりすることなどの日常的な動作による刺激が原因になっている場合です。

膝の黒ずみは摩擦が原因

膝の黒ずみの原因

黒ずみなる3つの刺激

色素沈着を起こす前に肌を刺激から守って上げれば簡単に黒ずみ対策ができるでしょう。

膝の黒ずみの原因となった刺激を分類してみました。

膝が擦れることでの刺激

膝の洗い方による刺激

膝のムダ毛処理による刺激

膝の黒ずみに重曹と塩の効果

膝の黒ずみを解消する重曹や塩が効果的と言われています。
効果については個人差がありますが、黒ずみ対策方法の1つのとして覚えておくと良いでしょう。

重曹を使った効果

重曹は中には掃除専用というものもありますが、基本的には料理にも使えるものなので安全性が高いのが特徴です。
重曹の弱アルカリ性という性質が肌を柔らかくし、角質を落としてくれるという効果が黒ずみ対策として注目されていますが、本来温泉にも含まれているような成分なので重曹自体の成分は昔から肌に良いと認められているものとなります。
ただ重曹自体は摩擦の力が大きく、刺激がとても強いものなので掃除用のものではなく料理にも使えるものやスキンケア様のものを使用するようにして下さい。

塩を使った対策

塩には様々な効果があり、膝の黒ずみ対策としては「タンパク質を溶かしやすい」「肌の引き締め」「ターンオーバーを整える」といったポイントが重要とされています。
特に圧迫が原因で膝の皮膚が固く厚くなってしまっている人にはぴったりで、厚くなった角質というのはタンパク質で構成されているため、塩のタンパク質を溶かしやすい効果というのはまさにうってつけです。
ただ塩は何でも良いわけではなく、できればミネラルの多い天然の塩を選ぶようにしましょう。
更にきめが細かいものだと肌への刺激も最小限に抑える事ができるので良いでしょう。

膝の黒ずみがとれた綺麗な脚

膝の黒ずみは日ごろのクリームが対策の重要になってきます。

まだ膝の黒ずみになっていない人はもちろん、既に膝の黒ずみに悩まされているという人でも日ごろから出来るクリームで黒ずみ対策を取り入れていくようにしましょう。

ロコシャイン 膝専用保湿クリーム‎
膝の乾燥が原因の方は短期間で潤い。‎
ラスター 膝専用クリーム‎
膝下の乾燥やブツブツに実感。‎