脇の黒ずみをとる方法 | 保湿と肌バリアの強化で美脇肌を取り戻す

脇が黒ずんでいると、夏の露出が多い時期には、憂鬱になりますよね。

特に脇周辺の肌はきれいですから、余計に脇の部分の黒さが際立ってしまいます。

気軽にノースリーブで手を挙げるなんて恥ずかしくてできません。

夏になるとタンクトップや水着を着る季節にも人目を気にして過ごさなければなりません。
また、パーティや社交場でドレスを着る時も、脇の黒ずみが目立ってしまいます。。

脇の黒ずみをとる方法の重要なポイントを押さえて、恥ずかしくない脇を手に入れましょう。

脇の黒ずみをとる方法徹底解説

脇の黒ずみの原因と対策を詳しく解説します。

脇の黒ずみをとる方法の重要なポイントとは、

脇の黒ずみをとる肌バリアの修復

脇の肌バリアが傷ついたままでは、脇の黒ずみをとることは、難しいでしょう。

角質層が、厚くなり脇の黒ずみの原因であるメラニン色素が残ったままの状態になってしまいます。

肌バリアが傷ついた状態

正常な肌は、新陳代謝により肌のターンオーバーで肌は、生まれ変わります。

新しい細胞が、生成され古い角質は、自然に肌から剥がれていきます。

しかし、何らかの原因で脇の肌の表面が傷つき肌を守ろうと色素沈着で脇の黒ずみの元となるメラニン色素が発生してしまいます。

脇の黒ずみの原因

生活習慣の乱れ・下着による摩擦・脇毛の自己処理
化粧品のかぶれ ・湿疹かぶれ炎症・肥満や肉体疲労
乾燥肌や敏感肌・女性ホルモンの乱れ・ストレス

脇の黒ずみには、内的要因と外的要因に分かれます。

中でも外的要因の主な原因である、刺激、摩擦、圧迫など軽い炎症のあとに脇が徐々に黒くなってくる場合があります。

これは、脇の表皮の表面が傷ついてしまい脇の肌が潤いを失っている状態です。

脇の黒ずみは、摩擦とムレが原因かも
摩擦とムレが原因で肌へのダメージを与えていることも多いです。
下着や衣類による摩擦、脇汗の蒸れによって脇の肌は傷つき脇の黒ずみの原因になることもあります。
汗によって雑菌が繁殖しやすく、あせもができるなど脇の肌が清潔な状態を保てないため、肌がダメージを受け続けています。
脇毛処理が脇の肌へダメージを与えている。
脇をきれいにするためのお手入れが、肌への刺激となって、肌を守るためのメラニン色素を放出してしまいます。
脇毛処理が、脇の黒ずみの原因になっている場合が多いです。
脇の黒ずみは、制汗剤が原因かも
手軽で簡単に使える制汗剤は、皮膚にストレスを与え肌に必要な栄養まで奪ってしまいます。
制汗剤を多用すると、脇の肌の抵抗力が落ち脇の黒ずみなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。
脇をきれいにする為に通っている脱毛サロンなどで脇の黒ずみの原因になってしまっている。
レーザー脱毛は、脇の黒ずみの大きな原因となる場合があります。

脱毛後の脇は、乾燥したり刺激に対して敏感な状態になっていますのできちんとしたアフターケアが必要です。

肌の自然に再生する働き
肌力とは、新しい肌へと生まれ変わる力です。

皮膚内の基底層に新しい細胞が生まれ変わり、脇の黒ずみは、自然に消えて無くなるのです。

脇の肌が黒くなるのは、日焼けや紫外線で肌が黒くするのではありません。

皮膚が黒っぽくなったり、くすんだ淡い褐色や黒褐色に見えるのは、肌が皮膚の内部から守ろうと発生させたメラニン色素です。

新陳代謝(別名ターンオーバー)の周期には個人差があります。

20代から30代では、28日から40日前後です。

ターンオーバーの周期は、年齢とともに長くなり、生活習慣などや体調の変化で周期も変わります。
ターンオーバーの活動は、寝ている時間、22時から2時の時間帯が活発になります。
ターンオーバーは、6時間ぐらい活動していると言われています。
これにより睡眠は、6時間以上とることをおすすめします。

脇の肌の集中ケア

脇の黒ずみをとるには、肌バリアを修復する

脇もお顔同様に、皮膚に水分を与えるこは、とても大事です。

現在、脇が黒ずんでしまっている肌は荒れ放題になっています。

その状態から簡単なケアを行っても、それ以上悪化しない程度に抑えてくれるだけです。
傷んだ脇の肌を治すには、効果が高い美容成分を含む商品を選びましょう。

脇の黒ずみをとる方法には、ビタミンCやプラセンタ、コラーゲンなどの美容成分が多く含まれたものをおすすめします。

ケアをしっかり行えば、脇のお肌の新陳代謝も上がってターンオーバーが正常に働きはじめ、色素沈着して厚くなった脇の肌質も柔らかくなり脇の肌は、白くなっていきます。

また普段のケア以外にも、生活習慣の改善や、肌を傷つける脇毛処理の方法を変えたり処理の頻度も減らすなどして様子を見てみましょう。

また、汗のニオイ対策である消臭スプレーなどの使用を控えるというのも脇の黒ずみをとる対策になります。

脇の黒ずみと脇毛処理について

脇は意外と人の目に触れる部分です、だからきれいに保っておきたいですよね。

そんな女性の悩みである、脇の黒ずみの原因の多くは脇毛処理による肌のダメージです。

脇の黒ずみどうしよう

日本人の女性の多くは脇毛を剃るのが当たり前になっており、冬の寒い季節には処理回数が減るかもしれませんが、夏の露出が多い時期には頻繁に行っているでしょう。

また夏以外にも、結婚式やパーティー、彼とのデートがある時なども処理を行っているものです。

脇の肌バリアを傷つける刺激は、とても危険

脇毛処理の度に大切な肌の角質が一緒に剥がれ落ちてしまいます。
大きなダメージを受けて脇のバリアの機能は、低下してしまいます。

バリア機能が低下してしまうと肌を守ろうと角質層が厚くなったり、刺激から脇の肌を守るためにメラニン色素を発生させたりします。

そして、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期やバランスが乱れて、古い角質が肌表面に溜まって脇が黒ずんでいくのです。

黒ずみ肌が出来るまで
除毛ワックスなどは、脇へのダメージが大きすぎるので出来るだけ避けましょう。

脇毛を自己処理で行うなら、肌への負担が比較的少ない方法を選んで行うべきです。

脇毛処理後の保湿は絶対に忘れずに行いましょう。

脇の黒ずみがとれるまでを想定すると

タンオーバーの周期には、個人差は、ありますが、平均35日とした場合。

まずは、早く脇の肌バリアを修復させて角質層の潤いを保持出来るような状態にします。

そしてタンオーバーが行われている35日の間に皮膚内部では、新しい細胞が生まれメラニン色素を含んだ表皮細胞が消えて古い角質が剥がれ落ちて行きます。

しかし、1度のタンオーバーの周期でメラニン色素を含んだ表皮細胞は、完全には、消えることはできません。

脇の黒ずみをとる方法には、最低でもタンオーバーの周期は、3回以上 

延べ日数で35日×3=※105日

最低でも約3ヶ月は、かかります。

注意:この間に刺激や摩擦で肌が傷ついてしまうとさらに多くの日数を要することになります。

※一般的な平均値で考えています(個人差があります)

脇の肌をきれいにするには、早めのケアが必要です。

脇の黒ずみをとるには、脇専用保湿ジェル

脇の黒ずみをとる方法で重要なポイントは、保湿とバリア機能を強化することです。

普段は、顔のケアを毎日している方でも、脇のケアまで行っているという方は非常に少ないです。

脇の黒ずみをとる方法の大事なポイントは、

潤い成分をたっぷり与えて肌力を向上させることです!

脇の黒ずみをとる専用保湿ジェル こんな人におすすめ

脇の黒ずみや脇のぶつぶつが気になる!早くどうにかしたい。
半袖やノースリーブで電車のつり革につかまることができない。
脇毛処理の後の乾燥肌や肌トラブルを治したい。
下着や衣類による摩擦、汗の蒸れで肌の状態が悪化してしまう。
制汗剤を使い続けて最近脇の黒ずみが気になりはじめた。

脇の黒ずみは、ダメージを受け再生の力が低下した状態 だから肌力アップが必要!! 

脇の黒ずみ専用保湿ジェルを購入前に悩んでしまうことは、
「もしもお肌にあわなかった時のことを考えると購入は、少し不安です。」

「使って見たけど、肌に合うか心配…」「定期購入にしたいけど、肌荒れが心配…」

脇の黒ずみ専用保湿ジェル商品のほとんどが、安心の返金保証です。

脇の黒ずみには、専用ジェルでしっかり保湿してあげることから初めましょう。

脇の黒ずみ専用保湿ジェルで早目の集中ケアをおすすめします。

ピューレパールで脇の黒ずみ対策! 口コミまとめ