脇の黒ずみをクリームで新しい肌へ生まれ変わる

脇の黒ずみに悩んでいる女性は、実はとても多いのではないでしょうか?

脇は意外と人の目に触れる部分です、だから綺麗な脇を取り戻したいですね。

脇の黒ずみは専用クリームで、恥ずかしくない脇を手に入れましょう。

【脇保湿ケア】ピューレパール【脇保湿ケア】クレアフォート
ピューレパール
自宅で簡単【美脇】ケア
脇の黒ずみケア部門で圧倒的支持!
クレアフォート
脇の黒ずみに!最高級の濃密 独自の新発想の美白ケア
詳細はこちら 詳細はこちら

脇が黒ずみになっている肌はターンオーバーが崩れていたり、乾燥しているケースが多いので美容成分をしっかり浸透させてあげましょう。

脇の黒ずみに驚く女性

脇の黒ずみをクリームでとるついて詳しく解説します。

脇が黒ずんで見えるのは何故

脇が黒ずんで見える色素沈着とは、メラニンという皮膚内の細胞が何らかの刺激によって反応し、その刺激から身体を守ろうとする防御反応になります。

脇は、常に皮膚同士が擦れあっていますが、これも皮膚の刺激となり、色素沈着の原因になることも考えられます。

脇の肌バリアをクリームで修復する

脇が黒ずんでしまっている肌は荒れ放題になっています。
脇の黒ずみをとる方法で大切なポイントは、保湿とバリア機能を強化することです。

脇の肌バリアが傷ついたままでは、脇の黒ずみをとることは、難しいでしょう。

角質層が、厚くなり脇の黒ずみの原因であるメラニン色素が残ったままの状態になってしまいます。

肌バリアが傷ついた状態

正常な肌は、新陳代謝により肌のターンオーバーで肌は、生まれ変わります。
新しい細胞が、生成され古い角質は、自然に肌から剥がれていきます。

脇の黒ずみは、ダメージを受け再生の力が低下した状態ですのでクリームで肌力のアップが必要です。

肌力とタンオーバーで新しい肌へと生まれ変わる

肌力とは、新しい肌へと生まれ変わる力です。
肌が皮膚の内部から守ろうと発生させたメラニン色素の黒ずみを剥がれ落とす力です。

皮膚内の基底層に新しい細胞が生まれ変わり、脇の黒ずみは、自然に消えて無くなります。

まずは、クリームで早く脇の肌バリアを修復させて角質層の潤いを保持出来るような状態にしましょう。

脇の黒ずみがとれるまでの時間

タンオーバーが行われている35日の間に皮膚内部では、新しい細胞が生まれメラニン色素を含んだ表皮細胞が消えて古い角質が剥がれ落ちて行きます。
しかし、1度のタンオーバーの周期でメラニン色素を含んだ表皮細胞は、完全には、消えることはできません。

※一般的な平均値で考えています(個人差があります)

だから脇の肌をきれいにするには、早めのケアが必要です。

脇の黒ずみに専用保湿クリーム

脇の黒ずみに大事なポイントは、潤い成分をたっぷり与える保湿クリームによって肌力を向上させることです!

ピューレパール 脇専用保湿クリーム‎
脇の黒ずみやブツブツの肌に潤いと美白効果を実感できます。‎
圧倒的支持人気NO.1
リピート率98.1%

トリプルヒアルロン酸 セラミド
プラセンタエキス 天然ビタミンE
グリチルリチン酸2k

医薬部外品 無添加 30g(1ヶ月分)

38%OFF 25日間返金保証

詳細はこちら

クレアフォート 脇専用保湿クリーム‎
脇の黒ずみ、くすみの肌トラブルに美白効果を実感できます。‎
累計販売20万個以上
満足度96.8%

プルーン酵素分解エキス
プラセンタエキス カモミラエキス
生コラーゲン ビタミンC誘導体

医薬部外品 無添加 30g(1ヶ月分)

42%OFF 120日間返金保証

詳細はこちら

傷んだ脇の肌を治すには、効果が高い美容成分を含むクリームを選びましょう。
脇の黒ずみには、ビタミンCやプラセンタ、コラーゲンなどの美容成分が多く含まれたクリームをおすすめします。

脇にクリームでしっかりケア行えば、脇のお肌の新陳代謝も上がってターンオーバーが正常に働きはじめ、色素沈着して厚くなった脇の肌質も柔らかくなり脇の肌は、白くなっていきます。

脇の黒ずみ専用クリーム こんな人におすすめ

脇の黒ずみには、専用クリームでしっかり保湿してあげることから初めましょう。

脇の黒ずみ専用保湿クリームで早目の集中ケアをおすすめします。

脇の肌層は、薄いので注意して下さい

脇は、お肌の中で角質が最も薄い部分ですのでかぶれなどのトラブルの多い箇所です。

それもそのはず、手のひらでは角質層が50~150層あるのに対し、脇やデリケートゾーンは4層ほどしかありません。

そのため、刺激の強いもので洗い過ぎることで雑菌から皮膚を守る役目の常在菌まで洗い流し、かえってかぶれてしまうなどのトラブルが発生すると黒ずみにもなりやすくなります。

脇の黒ずみの症状

脇の黒ずみには、主に【くすみ型】と【ブツブツ型】の大きく2種類のタイプに分けられます。

脇の黒ずみの原因

何らかの原因で脇の肌の表面が傷つき肌を守ろうと色素沈着で脇の黒ずみの元となるメラニン色素が発生してしまいます。
脇の黒ずみには、内的要因と外的要因に分かれます。

中でも外的要因の主な原因である、刺激、摩擦、圧迫など軽い炎症のあとに脇が徐々に黒くなってくる場合があります。
これは、脇の表皮の表面が傷ついてしまい脇の肌が潤いを失っている状態です。

摩擦とムレが原因

摩擦とムレが原因で肌へのダメージを与えていることも多いです。

制汗剤が原因

脇汗に困っている方も多いのではないでしょうか?

脇毛処理が原因

脇毛処理が、脇の黒ずみの原因になっている場合が多いです。

脇の肌バリアを傷つける刺激は、とても危険

脇の黒ずみと脇毛処理

女性は、綺麗なお肌になりたいと思い、ムダ毛処理や脱毛を行うのですが、その方法が肌のトラブルを招くことも多々あります。

そんな女性の悩みである、脇の黒ずみの原因の多くは、脇毛処理による肌のダメージです。
脇毛処理は、自己処理の方法によって、肌が刺激に負けてしまい、かぶれで赤くなったり、腫れてかゆみが出たりすることがあります。

さらに、肌への刺激が負担となり、傷が原因で知らないうちに毛嚢炎(毛包炎)になっている方もいるようです。

※毛嚢炎(毛包炎)は、毛穴の奥で毛根を包んでいる毛包にブドウ球菌が感染して起こる皮膚の病気です。
おできのような小さいもので1個あるいは数個〜数十個になることもあります。

それは剃ったり抜いたりすることで肌に摩擦や刺激が行き、黄色ブドウ球菌などの細菌が、傷から内部に入り炎症をおこすことで、メラニン細胞が活発になるからです。

そうすると皮膚は守る働きから、メラニン色素が発生し、炎症性色素沈着が起こります。
炎症によって活性酸素が発生し、メラノサイトがメラニン色素を合成することによって炎症がおさまり、メラニン色素が残るのです。

炎症性色素沈着は時間が経つと元の肌の色にもどるのですが、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期やバランスが乱れることで、古い角質が肌表面に溜まって脇が黒ずんでいきます。

さらに脇毛処理の度に大切な肌の角質が一緒に剥がれ落ちてしまいます。
大きなダメージを受けて脇のバリアの機能は、低下してしまいます。

肌のバリア機能が低下してしまうと肌を守ろうと角質層が厚くなって刺激から脇の肌を守ろうとします。

さらに加齢により代謝が落ちているといつまでも脇の黒ずみが残ってしまいます。

黒ずみ肌が出来るまで

脇毛処理が肌トラブルに

日本人の女性の多くは脇毛を剃るのは当たり前で、冬の寒い季節には処理回数が減るかもしれませんが、夏の露出が多い時期には頻繁に行うでしょう。

また夏以外にも、結婚式やパーティー、彼とのデートがある時なども処理を行っています。

脇毛処理のアフターケア

脇毛処理は、どんな方法であれ、肌に負担が行くわけですから、きちんとアフターケアを行わないと、肌トラブルが発生することになります。

クリームの保湿ケアが重要です皮膚が弱い方は、特に注意が必要です。

脇の黒ずみがとれた綺麗な脇

脇の毛の処理は、黒ずみの原因になりますので処理後の保湿クリームでスキンケアを忘れずに行いましょう。
脇専用の保湿クリームは、肌に合うものを選んでしっかり保湿を心がけて脇の黒ずみのトラブルから肌を守りましょう。

【脇保湿ケア】ピューレパール【脇保湿ケア】クレアフォート
ピューレパール
自宅で簡単【美脇】ケア
脇の黒ずみケア部門で圧倒的支持!
クレアフォート
脇の黒ずみに!最高級の濃密 独自の新発想の美白ケア
詳細はこちら 詳細はこちら