年齢肌の黒ずみは、肌力の低下が原因

年齢を重ねることで肌が黒ずみになりやすくなってしまいます。

若い頃は肌の湿疹やかぶれなどの肌のトラブルがあっても、すぐに治っていたのに、どうして肌のトラブルが解決しなくなってしまったんだろう?と悩んでしまう方が多くいます。

年齢と共に変化する肌質

肌の黒ずみの原因のひとつに、気温の上昇などで皮脂の分泌が活発になり、ベタベタした皮脂が毛穴に詰まってしまい、皮脂が酸化してしまうことで黒ずみが発生してしまうということがあります。

毛穴がポツポツと目立ち、古い角質が剥がれず皮膚に残り空気に触れて酸化してしまうのです。
結果、黒くなり毛穴に詰まってしまうのです。

このほかにも刺激によってメラニン色素が沈着しやすくなり、蚊に刺されたりケガをしたりした痕の部分の皮膚は、皮膚を守るためにメラニンが作られ黒くシミになりやすくなるのです。

年齢を重ねると肌が老化してしまい、細胞の再生が少しずつ遅くなる傾向があるので、若いころと同じ条件で皮膚の再生を同じにするのは無理があるため、毛穴のケアや紫外線になるべくあたらないようにするケアが大切になってきます。

年齢肌の黒ずみと皮脂の関係

年齢による肌の黒ずみや肌質の変化は皮脂が大きく関係しています。

特に鼻や頬は顔の部分なので、人目に付きやすく大変目立ちます。
この部分に黒ずみがあると女性はコンプレックスになってしまいます。

ですから、なんとかしたいと願うのです。この黒ずみは角質のように部分的に起こるのではなく、広範囲で起こるのが特徴です。原因はさまざまで、多くは皮脂の酸化によるものです。

毛穴の中にビッシリと質の悪い古い脂が詰まっているからです。

毎日のスキンケアが原因で、ホコリや皮脂などの汚れが洗い流されていなかったり、メイク汚れが毛穴に詰まっていたりする状態が続くことによっても黒ずんでしまいます。

年齢を重ねることで起こる原因には肌質の変化が挙げられます。

乾燥肌に変化し、保湿が悪くなり肌荒れを起こしていると、Tゾーンだけ過剰に皮脂が分泌されてしまい、毛穴の詰まりで黒ずんで見えたり、年齢と共に新陳代謝が落ちたりして、メラニン色素が沈着してしまうのです。