毛穴の黒ずみの原因は乾燥肌

乾燥肌は、常にカサカサしたり、過剰に皮脂が浮き出て鼻の頭がテカテカになったりして、皮脂が過剰分泌を引き起こしやすい状態になります。

毛穴のトラブルはどんなお肌でも年齢を重ねると気になってくるものです。

子供の時は毛穴なんて目立たなかったのに、不思議なものです。

どうして毛穴は黒ずんでしまうのだろう?
どんなきっかけでこうなったの?と思われるかもしれません。

オイリータイプのベトベトしている方でも、乾燥肌でも年齢を重ねると毛穴の黒ずみを引き起こしやすくなります。

乾燥肌の方が目立つ傾向にあります。

肌は乾燥すると硬くなり、弾力を失ってしまいます。
手で触るとごわついてガサガサしたイメージです。

そうなると当然、毛穴も硬くなり、毛穴に中の皮脂や汚れは、硬くなった毛穴に詰まった状態になってしまいます。

これを角栓といい、角栓は毛穴の中に詰まったままになっていると酸化し、黒ずみになってしまうことがあります。

毛穴の黒ずみの原因は皮脂です

毛穴が詰まって硬くなった古い皮脂が毛穴に詰まった状態で、その毛穴に詰まった皮脂が紫外線を浴びることで酸化され、さらに、メラニン色素が合成されやすい状態になります。

そして黒ずんだシミが発生し肌が黒く見えてしまうのです。

シミには茶褐色などの薄いものから茶色など濃さはさまざまです。
古い角質を溜め込んだ皮膚や毛穴は、今後の肌の状態を悪化させる悪影響を及ぼします。

毎日クレンジングをしたり、イチゴ鼻のように黒くなった角栓を取り除こうと毛穴パックをやってみても、毛穴自体が黒ずんだ状態では、毛穴そのものが色素沈着(シミ)になっています。

そうならないためにも日ごろのスキンケアはとても大切です。

皮脂を除去するためには毛穴を開き、皮脂を取り除くことを始めましょう。

黒く見える元を取り除かないといけません。

そして毛穴をキュッと引き締め、皮脂が過剰に分泌されないようにセラミド化粧品などで保湿を補う方法が有効です。
古い角質が自然にはがれ新しい角質が再生するような健康なお肌の状態を保つのが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です