お肌の状態に合う化粧品選び

お肌にトラブルやお肌の悩みは人それぞれ違います。

カサカサの乾燥肌に悩んでいる人もいれば、ベタベタの油肌(オイリー肌)に悩む人もいます。
ニキビの多さに悩んでいる人もいるでしょう。

それらの悩みを解消するにはやはりその人の肌の状態に合う化粧品を使うことです。

お肌の状態に合った化粧水や乳液をつけていますか?
まさか乳液をつけていないなんてことありませんよね。

化粧水と乳液はお肌のトラブルを防ぐのに必要不可欠です。

カサカサの乾燥肌の方

カサカサの乾燥肌に悩んでいる人は、お肌に水分が少ないことが原因です。
なのでお肌に十分な潤いを与える必要があります。

カサカサしている肌は見た目的にもよくないですよね。
そのカサカサ肌を治すには水分を肌に十分に与え、その水分をしっかりと浸透させることが大切になります。

乳液は肌に水分を与える力と与えられた水分をお肌に閉じ込める力があります。
化粧水の成分にアルコールが含まれていない肌の奥までしっかり浸透させることができる化粧水を選びましょう。

ベタベタの油肌の方

ベタベタの油肌(オイリー肌)によって肌がテカっていたりベトベトしているという悩みをお持ちの方は、化粧水によるケアがとても重要になってきます。

しっかりと化粧水で保湿することで油肌(オイリー肌)の改善につながります。
ベタベタしている肌の人は、これ以上油を肌に与えないようにと気にして乳液を使わない人もいませんか?
それは間違いです。

ベタベタのオイリー肌を治すのにも乳液は必要になります。

乳液は水分を肌に閉じ込める力があるからです。
乳液を使わずに肌の水分を逃がしてしまうと、余計に油が目立ってしまいます。

心配なら、乳液を使わないのではなく、油が少ないものを使いましょう。

ニキビに悩んでいる方

若い人には特に多いと思いますが、ニキビに悩んでいる人はニキビを治す効果のある化粧水をつけるといいでしょう。
ニキビのケアにも潤いは必要です。

化粧水はお肌に潤いを与えると共に、ニキビや肌荒れを防いでくれます。

化粧水にはさっぱりタイプとしっとりタイプがあるので自分の好きな方を選びましょう。

乳液はオイルフリーを選ぶとよいでしょう。