摩擦が原因で肌が黒く見える色素沈着

皮膚は、摩擦によって色素沈着が起こりやすくなります。
毎日、下着のゴムでこすれる部分やウエスト部分などの締め付けられる部分に多く見られます。

これを摩擦黒皮症と言います。

境目がはっきりとはなく、ぼんやりと淡い褐色や黒褐色になるのが特徴です。
この摩擦黒皮症は足や腕、首筋など、どこにでも現れ、厄介なものです。
ナイロンタオル、ボディブラシなどの刺激によって起こる場合もあるので、入浴時の体を洗う方法にも関係しているのです。

摩擦黒皮症の原因は、皮膚が毎日繰り返し何らかの方法で摩擦による物理的な刺激を受けるとメラニン色素が生成されることによります。
この現象は表皮層に元々あるメラニン色素が摩擦の刺激によって真皮層の内部に浸透してしまうのが原因です。

真皮層の内部に浸透してしまったメラニン色素は、簡単に取り除くことは、出来ません。

こうなると、肌が黒い色素沈着が定着してしまい、なかなか治りにくくなってしまいます。

この現象は色白の方よりも、もともと、メラニン色素を多く持っている方に起こりやすいのが特徴です。

摩擦が原因で肌が黒く見える肌の表皮層には、古い角質が蓄積されていて硬くなった状態です。

この状態のままでは、美白成分の化粧品を使っても真皮層の内部のメラニン色素には、届いてくれません。

まずは、黒ずみの箇所の皮膚を柔らかくすることや肌の表面の古い角質を取り除いてあげましょう。

古い角質を取り除く方法にピーリングと言う治療方法があります。
ピーリングは、肌表面に剥がれ落ちずに溜まった角質を取り除くことができる治療法です。

古い角質を取り除けば、肌のターンオーバーを促すことができるという嬉しい効果もあります。

ピーリングは、多くの肌トラブルを改善する美肌ケアです。
但しピーリングは、正しい知識をもって安全に行わないと肌を傷つけしまう危険な面もあります。

黒ずみ対策の有効成分ハイドロキノン

摩擦が原因でなってしまった皮膚の黒ずみにハイドロキノンという成分があります。

黒ずみ対策に有効な成分のハイドロキノンは、簡単に説明すると色素沈着してしまった部分を漂白する効果があります。

ハイドロキノンは、黒ずみやシミの原因になるメラニン色素を作り出してしまうメラノサイトの働きを抑制し、メラニンの生成を抑える働きがあります。

しかし、高い効果はあるものの使用量や使用方法を誤ると副作用を起こすこともあります。

販売されているハイドロキノンクリームは、濃度にバラつきがありますが、即効性のある強い成分なので長期間に同じ部位に使用すると、逆に肌を傷めてしまう可能性があるなど、使用するにはさまざまな注意点が必要です。

体の黒ずみ対策におすすめなのは……

摩擦が原因で肌が黒く見える対策に、ハイドロキノンの有効成分は、効果を実感できるでしょう。

ハイドロキノンをより安全に使ってみたいあなたへおすすめなのは、ハイドロキノンを配合したピーリング石鹸です。

ピーリング石鹸は、ハイドロキノン1%配合だからハイドロキノン配合のクリームよりも安心して顔にも体にも使えます。

ピーリング石鹸は、摩擦が原因の皮膚の黒ずみも簡単に美白ケアができます。

黒ずみ、シミ取り成分として定評あるハイドロキノンや、グリコール酸を最適に配合したピーリング石鹸です。
使い続ける事でその良さが実感できると思います。

摩擦によって出来てしまった体の部位を入浴時にエクセレントメディカルで美白ケアしましょう。

プラスソープHQは、摩擦が原因の体の黒ずみ対策に今話題のハイドロキノン配合の肌の悩み対策ソープです。

ハイドロキノン配合石鹸 プラスソープHQ

肌の黒ずみにストレスを感じているなら、そう感じている時、

お手軽に始められる時にスタートしましょう。

ハイドロキノン配合石鹸 プラスソープHQは、只今お試しミニ3個セット (プラスソープHQ 10g×3)で初められるキャンペーン中です。

お顔にもボディにも使えるのでお風呂で手間いらず、洗う度に美しさを実感できるでしょう。

さぁ、あなたもはじめませんか?

肌トラブルの悩みから解放されて、美しい肌を手に入れてましょう。

肌が黒く見える
ハイドロキノン配合石鹸

摩擦 黒ずみ

炎症性色素沈着が原因の肌の黒ずみ

皮膚が炎症を起こす事で発生してしまう炎症性色素沈着というものがあります。

年齢を重ねる事で出てくるシミとは違い、若い時であっても炎症性色素沈着の症状は現れます。

炎症性色素沈着とは、皮膚がニキビや脱毛や湿疹などが原因で炎症を起こし、それが治まった後にメラニンによって発生する茶色のシミ・色素沈着です。

この炎症性色素沈着には一過性のものと慢性的に出るものと2種類に分類されます。

摩擦やニキビ、などは一時的なものですから、炎症してしまった後に黒ずみやシミを予防する様々な対処をする事が出来ます。
しかしアトピーや湿疹は慢性のものが多いのでシミも慢性的に発生したりなかなか消えにくいものとなります。

ニキビあとの色素沈着

女性の肌の色素沈着にはいくつかあります。
その中でも特に、ニキビがキレイに治らなかったことでシミのような状態になる肌の色素沈着に悩まされる方が多くいらっしゃいます。

このニキビ跡の肌の色素沈着には紫色のものと茶色のシミのようなものがあるのを知っていますか。
色素沈着のタイプによって症状はもちろん治す方法も異なるのです。

まず、紫色の肌の色素沈着はニキビが赤くなった後に腫れや炎症を起こすと出来やすいものです。
強く押すと痛みを感じる場合もあります。
これはニキビが炎症して細胞が傷つき内出血を起こしているのです。

そしてニキビが炎症を起こしたことで肌自体もダメージを受けて皮膚層が薄くなり内出血が見えるのです。
この場合、肌が大きなダメージを負っているのでこれ以上悪化させない為にバリア機能を高めてあげましょう。

具体的には紫外線対策や、無駄に触れないようにしたり、衛生面に気を付けることも必要です。
そして、毎日のスキンケアをしっかり行ってください。
続けていくことでお肌の回復力も元に戻ります。

次に、茶色の色素沈着は紫色の色素沈着を放っておいたらなるものです。
バリア機能が低下したお肌が大量のメラニン色素を発生させることでいわゆるシミと呼ばれる色素沈着が起きてしまうのです。

この場合も、まずはメラニンを発生させないためにバリア機能を高めることと、お肌のターンオーバーを正常にしてあげることでメラニンを外に排出する力を高めることが出来ます。

しかし、根気よく続けてもなかなか治りは遅いものですから、今すぐ治したい場合はレーザー治療というクリニックに頼る手もあります。

角質が厚いと色素沈着を消すには時間がかかる

ひじやひざやお尻の座るときに密着する下の部分は角質層が厚く、ほかの皮膚の部分よりもゴワゴワした皮膚で色素沈着が起こり、黒ずみやすい部分です。

肌が黒い部分は角質が厚いと消えにくいのが特徴です。
角質の奥底にまでメラニン色素が浸透しているからです。

水着になった時や露出の多い時期になるとひじやひざの黒ずんだ部分が目立ってしまうので、気になってしまいます。

そんな時は、肌の黒ずみ対策専用のケア商品を肌に塗る方法が有効です。
美容成分が肌の内部に浸透することで黒ずみをケアしてくれます。

保湿力でなめらかになることで、肌にツルンと潤いを与えてくれるのです。

ピーリングで角質を薄くする方法も効果が期待できます。
表面がなめらかになって、見た目も触った感触もツルツルになるのです。

美容外科などのクリニックにおいてレーザーなどの治療で肌の黒ずみを治す方法も有効です。
費用はクリニックによって違いが多少ありますので、どのくらいかかるのか下調べをしてからクリニックを選択する方法がおすすめです。

ピーリングを行った後には、厚生労働省認可の有効美白成分であるトラネキサム酸、アルブチン、ビタミンC誘導体、ルシノール、コウジ酸などが配合されている美白化粧品を選びましょう。

薬用リメンバーリンクスホワイト

黒ずみ・シミ・くすみ・ゴワついた大人の肌のお悩みに有効なピーリングジェルです!
フルーツ酸ピーリングと美白のW成分でお悩みを解決します。



薬用リメンバーリンクスホワイト公式サイト

肌の黒ずみスキンケアガイド