乳首の黒ずみに主な5つの原因

乳首の黒ずみというと恥ずかしい悩みの1つですよね。
それには男性経験が多かったり遊んでいる人程乳首が黒いなんていう根も葉もない噂が影響していることもあります。

でも安心して下さい。
綺麗なピンク色という乳首の人の方が実際少なく、乳首の黒ずみの原因も決してそんな下品な理由からくるものではないので少しずつ原因や対策について知っていきましょう。

まず乳首が黒ずむ原因はいくつかあります。

摩擦
加齢
ホルモンバランス
搾乳
アトピー

この辺りが一般的に原因として多いものです。

基本的に乳首の黒ずみというのは外部からの刺激から身を守るための反応です。
なので下着による擦れだったりアトピーや蒸れによる痒みで掻いてしまうことでそれが刺激となり色が濃くなってしまいます。

妊娠中や搾乳中といったホルモンバランスの影響からくる乳首の黒ずみに関しては、子供を産むための準備を体がしている証拠であり、赤ちゃんが乳首を探しやすいように色が濃くなるとされています。
なので人によってはホルモンバランスが落ち着くと乳首の黒ずみも薄まってくるという人も多くいるのであまり悲観的になる必要はありません。

加齢が原因というのに関しては、乳首に限らず徐々に皮膚のターンオーバーが遅くなってくることが影響するために乳首の黒ずみができるという仕組みですが、高齢までいくと黒ずみの原因となるメラニンの力も弱まってくるのでピンクに近い色になってきます。

このように乳首の黒ずみの原因は様々なので、何らかの対策をする際には原因をある程度絞ってから乾燥や刺激を避ける事を第一にケアをしていくようにすると良いでしょう。

ただ妊娠中や搾乳中は少なからず赤ちゃんにも影響が出る可能性があるので、あまり神経質にならないように心掛けて下さいね。

乳首の黒ずみを治す方法

乳首の黒ずみスキンケア