肌の黒ずみは、下着の締め付けや摩擦が原因でなりやすい

ブラジャーの締め付けやショーツがこすれるVラインは、下着の摩擦や下着の締め付け原因で肌の黒ずみが起こる場合があります。

下着と言っても、ガードルや補正下着でなくても、長いあいだ同じ部分がこすれるだけでその部分がぼんやり茶褐色のようになってしまうので、女性は気になってしまうのです。

その嫌な黒ずみの原因は紫外線による日焼けが原因ではありません。
皮膚の摩擦と締め付けは、元々皮膚の中にあるメラノサイトというメラニン色素の黒い素が刺激で活性されてしまうのが原因です。

メラニンは外部の刺激から皮膚を守ろうとするために表面に浮き出るので、摩擦や締め付けがなくなれば元の皮膚の色に戻っていきます。

黒ずみを解消したいのならば、締め付けるタイプの下着はすぐにやめましょう。
サイズが小さめで締め付けやすくなってしまうものはメラノサイトを活性させやすく、黒ずみを引き起こしやすくなります。

ナイロンの化学繊維の素材は摩擦が起こりやすくおすすめできません。
シルク素材の軽めの下着が理想です。

ビキニラインの黒ずみは下着による摩擦

体の中で、色素沈着して黒ずみになりやすい部分の代表がビキニラインです。
ビキニラインの肌の黒ずみはメイクなどで隠しようもなく、水着姿になった時に女性は気になってしまいます。

肌の黒ずみの知識がないと汚れが付着しているの?と勘違いをしてしまい、ゴシゴシとナイロンタオルで洗ってしまう女性も少なくありません。
すると強い刺激により、かゆみが発生し、いつもビキニラインが気になって仕方ないのです。

女性なら美しい肌で黒ずんでいないビキニラインをキープしたいものです。

そもそも、この肌の黒ずみはどんな理由で発生しているのでしょうか?

ビキニラインが黒ずむ原因は締め付けられる下着の着用によるものです。生理の時にナプキンがこすれて起こる場合もあります。
その摩擦の影響でかゆみが発生し、皮膚が乾燥してしまい角質層が厚くなるのです。

そうなると皮膚の新陳代謝が落ちてしまいます。刺激から肌を守ろうと、メラニン色素が生成されて色素沈着が起こり、肌が黒ずんでしまうのです。

下着のかゆみが肌のトラブルを招く

ビキニラインや下着がこすれる部分は乾燥が原因でかゆみが出てしまいます。
人前でポリポリかきむしるのは恥ずかしいので、どうにかしたいものです。

このビキニラインは肌が黒ずみやすい部分で女性特有のデリケート部分の肌の悩みです。
知人などに相談もしづらく、どんなケアをすれば良いのか多くの女性を悩ませています。

ビキニラインのかゆみや肌の黒ずみの原因は下着による摩擦です。
ビキニラインは下着のゴムがあたる場所で、摩擦を受けやすい箇所です。

乾燥肌体質なら、敏感に反応し、ゴムや化学繊維に触れただけでかゆみが生じたり、摩擦を受けたりしやすくなります。
すると皮膚は角質を硬化させてしまい、色素沈着の黒ずみが発生してしまいます。

この現象は乾燥肌で、古い角質がはがれにくくなっているために新陳代謝が悪くなり、ビキニラインに黒ずみが発生しているのです。

下着はゆったりめのサイズで柔らかい生地が理想です。

肌への負担を抑えるタイプのものを選んで着用することで、かゆみや黒ずみは軽減できるのです。