紫外線や活性酸素が原因で黒ずみやシミになりやすい

顔や首などのお肌は露出しているので、紫外線の影響を受けやすく、紫外線を浴びると赤くなったり、メラニン色素が作られ、黒ずんだりしやすくなります。

紫外線を吸収してしまうと短時間でもお肌に負担がかかり、赤くなったり腫れてしまったり、湿疹が出たりなどの症状が出やすくなってしまいます。

肌がかぶれたり、湿疹が出たりするお肌は肌が弱っているため、紫外線を浴びることでシミやソバカスなどの色素沈着の影響を受けやすいのです。

日本人は紫外線を浴びたとき、「黒くなるタイプ」と「赤くなり黒くならないタイプ」の2通りになります。

黒くなるタイプはシミ、ソバカスになりにくく、黒くならないタイプのお肌は紫外線の影響を受けやすいため、シミやソバカスができやすいお肌だであり、より普段からUVケアが必要になってきます。

UVケアをしないで紫外線を浴び続けるとシミ、ソバカスのほか、やけどや水疱などのトラブルが発生するかもしれません。

お肌の弱い方はUVケアを念入りに行いましょう。

活性酸素が増えることで肌の黒ずみになりやすい人

皮膚の外側にある不飽和脂肪酸で人間の細胞は作られています。
この不飽和脂肪酸は活性酸素と合体すると酸化する性質があり、シミやしわなどのお肌の老化のトラブルの原因と言われているのです。

活性酸素は過労やストレスに大きく影響し、ターンオーバーが遅くなることでも知られています。
ストレスと同様で疲労も同じ量の活性酸素が発生します。

過度の運動でも活性酸素を作り出す原因になってしまいます。
ターンオーバーが乱れると肌はくすみ、黒くなるます。

肌の黒ずみは肌の内部にある色素細胞(メラノサイト)が原因です。
そうなると黒ずみが蓄積されやすくなり、中々元の肌色に戻りにくいのです。

黒ずみは角栓と汚れが肌に残っている状態だと、酸化が進みやすくなり活性酸素が増える原因になります。

この状態で紫外線に焼けることで肌の黒ずみができる原因になってしまいます。

特に鼻は角栓の汚れが多く存在する箇所なので色素細胞によって黒ずみやシミになりやすいのです。

肝機能の低下で肌の黒ずみになりやすい人

肝機能が低下すると、新陳代謝が落ちてしまいます。
よく、肝機能が低下し、顔色が悪くなったり、黄疸が出たりする症状があります。

これは胆汁の生成やビタミン貯蔵などの肝臓の役割の低下によって、皮膚にシミやくすみが生じたり、色素沈着がしやすくなったりして、黒ずむなどの症状が出やすくなってしまうのです。

肝臓は機能が低下すると、どうして代謝異常が起こるのかといいますと、本来はさまざまな栄養素を体内に運び、老廃物や異物が体内に停滞しないように代謝機能を果たすのですが、これが出来なくなり、生命維持にかかわる、体調不良を引き起こすのです。

肝臓は多くの酵素の働きにより生命を維持しております。
酵素は、肌を新しくよみがえらせるターン オーバーを促進する作用があり、新陳代謝が向上するための重要な機能を果たすのです。

ですから、肝臓のダメージは肌の黒ずみなどのお肌の老化が進む原因になるのです。

肝臓にダメージが行かないように、普段からアルコールの過剰摂取や過度の喫煙は避けた方が無難です。