妊娠中の肌の黒ずみは、女性ホルモンのバランスが原因

妊娠中の肌の黒ずみに悩まされる女性は多く、色素沈着がなぜおこるのか?、そして出産後には肌の黒ずみは治るのか?悩んでそまいます。

女性は妊娠、出産で女性ホルモン分泌が変化します。

そして思わぬところが、肌の黒ずみや顔のシミ、そばかす、ワキや乳首が黒ずみなる現象が起こりやすくなります。

そもそも、どうしてそのような現象が起きてしまうのかというと、女性ホルモンが大きく関わっています。
肌の黒ずみの原因は、女性ホルモンのバランスの乱れにあります。

妊娠中は、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンホルモンが増加します。
特にプロゲステロンホルモンには、メラニン細胞の働きを活発にするという作用があります。

色素沈着を起こすメラノサイトが増えるため、脇や乳首が黒ずみを起こしてしまうのです。

特に、ワキや乳首などのデリケートな粘膜はメラニン色素が最初から多い部分なので、濃い色に変化しやすいのです。

女性ホルモンの黄体ホルモンと卵胞ホルモンは、普段よりも妊娠中の方が胎児をおなかの中で育てる際に必要なので分泌量が増えるのです。ですから、女性ホルモンの変化によりメラニン色素が増えやすくなる現象が起きるのです。

妊娠中の女性ホルモンの変化が肌に影響しています

肌の黒ずみは、出産後自然に治るの?

妊娠中に肌の黒ずみは妊娠中の女性ホルモンが急上昇するためです。

そもそもメラニンの色素沈着はターンオーバーの乱れやホルモンバランスの乱れが原因で、くすみやシミが起こりますが、妊娠中はおなかの中の胎児に栄養を与えたり、胎児が発育したりするために、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンホルモンが妊娠前に比べると多く分泌されるせいでデリケートゾーンが黒ずみを起こすのです。

また胎盤からも女性ホルモンが分泌されるのでメラニンが促進されやすくなるのです。

しかし日本人は元々皮膚の中にメラニン色素が多く存在するので、欧米人と比較した場合、色素沈着が起こりやすいのです。
自分だけと思い込まないようにしましょう。

妊娠中に、デリケートゾーンの色素沈着がみるみる悪化してしまうことにお悩みの方も多いでしょう。

悩みは誰にも言えず、「私だけ?」と思い込んでショックを受けている女性が多いのですが、出産を終えて女性ホルモンの働きが正常になると個人差はありますが薄く元に戻って行きますので、あまり深刻になることはありません。

誰でも女性ホルモンが回復がしてくると沈静化しますので大丈夫です。
神経質にならず、のんびりとした気持ちで妊娠時期を過ごされ、体調を維持されると良いでしょう。

女性ホルモンによって増えてしまったメラニン色素は産後、体調が整ってくると個人差はありますが、自然に薄くなる傾向があります。

どうしても気になるようであれば、色素沈着を軽減するためのケア商品もありますので、無理のない程度に試されても良いのでしょう。
乳首や脇などの肌の黒ずみは出産後に徐々に落ちついてきます。

一時的な黒ずみなのであまり深刻にならなくてもよいのですが、肌の黒ずみを解消するケア商品で軽減する方法もオススメです。



肌の黒ずみスキンケアガイド