シミや黒ずみをとる治療法

肌の黒ずみ解消方法の1つとしてピーリングがあります。
ピーリングは、肌表面に剥がれ落ちずに溜まった角質を取り除くことができる治療法です。

古い角質を取り除けば、肌のターンオーバーを促すことができるという嬉しい効果もあります。

ピーリングを行うには、プロが施術してくれる病院やエステサロンの他、自分で行う自宅ピーリングという方法があります。

コストをかけたくない方には自宅での方法をおすすめします。
自宅でなら肌の黒ずみ以外にも、硬くなりやすいひじやひざ、かかとなど全身のケアをいつでも行うことができます。

肌の黒ずみをとる効果的な治療法と安全性

ピーリングは、正しい知識をもって安全に行わないと肌を傷つけてしまいます。
ピーリングというのは、本来28日周期で訪れる肌のターンオーバーのタイミングを無理やり変えてしまう方法です。

正しい知識をもって安全に行わないと肌を傷つけ、赤みや腫れ、痛みを伴ったり、色素沈着を引き起こしてしまうこともあります。
大切な肌のためにピーリングの安全なやり方を学びましょう。

まず、傷やニキビなどがあったり、ヘルペスなどの感染症にかかっている時、妊娠中や授乳中の場合はとても危険です。
また、アトピーやケロイド体質などの超敏感肌の方も向いていません。

ピーリングの成分には酸が含まれており、酸が肌の表面を柔らかくすることで古い角質を取り除く仕組みです。

健康的な肌の場合でも、かゆみやヒリヒリした感触、時には痛みを持つという方がいるほどです。
体調が良くないなどがあれば次の機会に行うようにしましょう。

そして、ピーリング後は肌表面が剥がされている状態なので肌へのダメージが大きいものです。
ダメージを受けたお肌を、冷却パックや保冷剤、鎮静パックを使って冷やしてあげてください。

トレチノインとハイドロキノンを使用した失敗例と危険性

肌の黒ずみを治す治療方法として、トレチノインやハイドロキノン療法という治療方法があります。
トレチノインには肌の代謝を促進させる作用を持ち、ハイドロキノンには色素沈着してしまった部分を漂白する効果があります。

この2つをうまく使うことで、肌の黒ずみをとる効果が高まります。
しかし、どちらも高い効果はあるものの使用量や使用方法など記載されていることを守らないと副作用が危険な薬品です。

トレチノインとハイドロキノンを使用するかどうか慎重に判断しましょう。

失敗した例-その1
トレチノインで黒ずみが治ると知って副作用を調べることなく使ってしまいました。
黒ずんだ部分に塗布してみると使用後にヒリヒリとした痛みを感じて鏡を見ると赤くなっていました。

次の日に赤みは引いたのですが、塗布した部分だけが乾燥していてファンデーションを塗ってもガサガサなのが分かるほどです。

黒ずみへの効果よりも副作用の方が出てしまった結果です。
残ったトレチノインは使わないで捨ててしまいました。

失敗した例-その2
ハイドロキノンを使用した部分が見事に漂白できたというか、漂白出来過ぎているような気がします。
周りの肌に比べて白くなってしまいました。

これでは逆に目立って恥ずかしいです。
この白い斑点を治したくて今必死に方法を探しているところです。
知識もないまま薬品を大切なお肌に使用してしまったことを後悔します。

肌の黒ずみスキンケアガイド