ひざの黒ずみの種類

ひざの黒ずみになってしまう流れというのは、刺激によって肌がメラニンを沢山作ってしまい色素沈着を起こすということでひざが黒ずんで見えます。

ここで実は勘違いされやすいのがメラニンは悪いものというイメージを持ってしまう事なのですが、メラニン自体はその刺激から肌を守るために生成されるものなので、どちらかというと良いものなのです。

ただメラニン自体が黒いので結果として表面に黒ずみとして表れてしまう事で嫌なやつという扱いをされてしまっています。

そこでひざが黒ずみになってしまう前にメラニンの出番が来る前に肌の負担となる「刺激」を対策出来るように考えてみましょう。

ひざの黒ずみになった刺激の種類

ひざの黒ずみの種類とは、いろんな刺激からなのですが、その種類というのは原因となった刺激によっていくつかに分かれてきます。

例えば代表的なものから挙げていくとするならば、

ひざが擦れることでの刺激
これはぴたっとしたパンツやタイツ等を履いている人ならば服が肌に擦れているという場合や膝をついて座った時に床に擦れてしまうといったものが当てはまります。
ひざに限らず黒ずみにとって全体的に多い原因となる種類なので覚えておくと対策もしやすく便利です。

ひざへの紫外線による刺激
紫外線の影響によってメラニンが増えてしまうというのは聞いたことがあるという人も多いかと思いますが、この場合だと黒ずみというよりも「日焼け」という言葉の方が親しみやすい言い方ですよね。
とは言え日焼けがのちに黒ずみとなる事もありますので、この二つは別物のようで根本的な部分では同じ系統となっています。

ひざへのスクラブによる刺激
黒ずみが気になりスクラブでお手入れをする人もいますが、週に何回も行うような頻繁な使い方をしてしまうと逆効果となります。
スクラブは基本的に肌に擦って磨くようなものですので、刺激が強く負担になるものです。
なのであまりにも過剰なケアをしている場合はその刺激が黒ずみ増加の原因になる事もありますのでご注意下さい。

ひざへの圧力による刺激
ひざの場合は床にひざをつけたりすること等の日常的な動作による刺激が原因になっている場合です。

ひざのムダ毛処理による刺激
カミソリや毛抜きによる処理も刺激がとても強いです。
ひざは凹凸があるため処理もしにくく、剃り残しが気になって何度もカミソリ等をあてる人もいますが、黒ずむだけではなく毛穴自体に埋没毛ができて黒く見えることもあるので、せめて電気シェーバーのような負担の少ないものを使用するようにしましょう。

ロコシャインの口コミと体験談はこちら

ひざの黒ずみスキンケア