ひざの黒ずみの原因

ふと鏡を見るとひざがなんとなく茶色っぽくなっている、と気がつくことがあります。
場合によってはどこかにひざをぶつけてできた痣が治りかかっている状態、もしくは希に垢がついているという可能性もありますが、大体の場合はひざが黒ずんでいるということが多いです。

これはある日突然現れるものではなく、徐々に色が濃くなってくるものなので気づく頃にはかなり黒ずみが目立つようになっています。

ひざというと案外まじまじと見る機会も少なく、普段タイツやパンツ等を履いている人なら尚更気づきにくいものなので実は気付いていないという人も非常に多い黒ずみ箇所だったりするので「自分は大丈夫」と思っている人でも一度じっくりと自分のひざを確認してみることをオススメ致します。

ひざの黒ずみの原因は一体どういったものなのかというと、基本的に黒ずみというものはひざに限らず肌への何らかの刺激が原因で出来てしまうもので、ひざの場合ですとその刺激というのは「関節の動作」「ぴったりとしたパンツをよく履く」「ひざをつく動作」といったものが挙げられます。

ひざの黒ずみは、肌の色素沈着

刺激によって肌はメラニン色素を沢山作ってしまい、結果として色素沈着を起こし黒ずみへと繋がります。

とは言えひざは生活をしていればどうしても使うものなので年々黒ずみは濃くなりやすいです。
そういった意味では加齢が原因という言い方をしても間違いではないでしょう。

ひざというのは汗をかきにくい場所なので、どちらかというと乾燥しやすく潤いが足りない箇所です。

そういった乾燥している箇所だからこそ余計に刺激によるダメージが大きく、他の関節部分よりも黒ずみが目立ちやすくなってしまうため、黒ずみに対する悩みを抱える人があとを絶たないのです。

ロコシャインの口コミと体験談はこちら

ひざの黒ずみスキンケア