ひざの黒ずみに日ごろのスキンケアで対策

ひざの黒ずみは日ごろの対策が重要になってきます。

まだひざの黒ずみになっていない人はもちろん、既にひざの黒ずみに悩まされているという人でも悪化を防ぐという意味で日ごろから出来る対策を取り入れていくようにしましょう。

ひざの黒ずみ対策としてまず効果的なのは自分のひざの黒ずみがどういった刺激が原因で出来てしまったのかを知ることが重要です。

ひざの黒ずみ 摩擦、乾燥、圧力

ひざの黒ずみの種類を原因別に細かく分類すると、簡単に分けるなら「摩擦」「乾燥」「圧力」といった3つに分けることができます。

ひざの黒ずみが摩擦が原因

どういったものによるひざへの摩擦なのかを思い当たることを考えてみましょう。

普段からスキニーパンツのようなぴったりしたパンツを履いている場合は、少しゆったりめのものに変えるようにしたり、女性ならばスカートを取り入れみるというのも良いです。

どうしても細身のパンツを履きたいという場合ならば、摩擦がおきにくい綿素材のタイプを選ぶようにする等素材にこだわるようにしてみましょう。

ちなみに摩擦が多くなるのは化学繊維が多い生地なので服選びの際の参考にしてみて下さいね。

会社のデスク等にひざが当たってしまうという場合はブランケットを膝にかける等のひざとデスクとの間にワンクッションおくようにすると良いでしょう。

ひざの黒ずみが乾燥が原因

乾燥が原因と思い当たる場合は、普段からしっかりとボディークリームを塗るように習慣付けることが大切です。

もちろんベビーオイルのようなオイル系を塗るというのでも良いので、とにかく肌を乾燥から守るようにしましょう。

肌の乾燥は刺激にとても弱いものです。

少し擦れただけでも知らないうちに大きな影響を与えており、それが次第に重なることでひざの黒ずみへと繋がっていきます。

ひざの肌を守ってくれるのが潤い。

潤いは肌を守るバリア機能を高めてくれますので、刺激から守ってくれる効果があります。

また乾燥対策は、既にできてしまったひざの黒ずみを治していく効果もありますので、諦めずに日ごろからケアを行っていきましょう。

ひざの黒ずみが圧迫が原因

できる限りひざに圧が掛かるような動作を控えるようにしましょう。

当然仕事柄しょうがないという場合もありますが、支障がない程度になるべく体重を掛けないよう心掛けることが重要です。

圧迫が原因というのは、日々の圧によってひざの部分の皮膚が厚くなってしまい乾燥しやすい肌へと繋がってしまうことがひざの黒ずみの原因となりますので、圧対策をしつつ潤いケアも併用するようにするのがオススメですよ。

ひざの黒ずみをとる方法