化粧ノリの悪さはホルモンバランスの乱れから

ファンデーションが上手くのらなかったったり、化粧崩れが激しいと、イライラすることも少なくないと思います。

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、肌のキメや滑らかさをキープして、潤いを与えてくれる作用があります。
これは、メイクする前の肌の土台を保ってくれてると思っても良いです。

しかし、ホルモンバランスの乱れが生じると、その土台は崩れてしまいます。

これにより、皮脂の分泌量が多くなると、ファンデーションのノリも悪くなります。
潤い不足だと、リキッドファンデーションでも乾燥気味になってしまいます。
ですから、もし肌質が以前より変わったなと感じるようになったら、それはホルモンバランスの乱れを疑ってみると良いです。

例えば、毛穴が開いてきたり、キメが荒くなってきたりしたら、土台が崩れてきている証拠です。

また、ホルモンバランスの乱れが生じると、肌にも影響してきます。

口紅やグロスの色ノリが悪くなったり、ファンデーションなどの色が合わなくなったり、こうしたこともホルモンの分泌が上手くできていない証拠になります。

血行不良からも肌の色が変わってくることがあり、顔色が悪い 肌がくすむ クマが消えない、といった症状が現れてきます。
この場合は、ホルモンバランスだけでなく、自律神経のバランスや鉄分の不足などが原因で、肌全体がくすんできます。

こうしたことから、ホルモンの変動に合わせたスキンケアをすることも大切です。

生理中は肌のカサつきや乾燥が起こりやすいので保湿パックしたり、生理後はエストロゲンの分泌が正常に行われる時期に、ピーリングやレーザー治療をするのもオススメです。

化粧のノリの悪さは加齢現象による場合もありますが、ホルモンバランスの乱れからも起こるということも覚えておくと良いです。