肌の黒ずみや美肌効果に、ビタミンの摂取を心がけよう!

ビタミンは、人間の体にとっても必要で且つ重要な栄養素です。

しかし、体内では生成することができません。
ビタミンは、食事で摂取するしかありません。

ビタミンが不足すると、身体の調子がおかしくなったりします。

体がだるい、食欲が落ちる、肌荒れなどの、原因や状態になります。

ビタミン欠乏症などの疾病が起ったりもします。

ビタミンと美肌効果

ビタミンC

ビタミンCは、活性酸素から細胞を守ることで肌の老化を防いでくれます。
メラニン色素を分解してしまうことで肌の黒ずみやシミの予防や改善に繋がります。
コラーゲンの生成を助ける役目や新陳代謝を促す働きで、肌は、ツヤやハリを維持されています。
抗炎症作用によるニキビ予防や皮脂分泌を抑制することで毛穴を目立たなくさせます。

ビタミンCは、新鮮な果物で摂ることをおすすめします。
新鮮果物(アセロラ・イチゴ・柿・みかん・グレープフルーツ等)

サプリメントで摂取をする場合は、サプリ商品に含まれる添加物をチェックしましょう。
余分な成分を過剰に取ることは、逆効果です。

ビタミンCは過剰に摂取しても尿から排出されてしまいます。
ビタミンCは、量よりも1日に数回こまめに摂取することで効果が現れやすいです。

ビタミンCは、とても敏感で壊れやすい物です、酸やアルカリに弱く、熱や光や酸素によって破壊され消滅してしまいます。
日常的にタバコや飲酒やストレスなどでビタミンCはどんどん消費されてしまいます。

ビタミンE

活性酸素により細胞が酸化されてしまうことで肌荒れや肌の黒ずみの原因になります。
ビタミンEとビタミンCによって活性酸素を無害化させてしまう働きがあります。

2つのビタミンを摂取することで得られる抗酸化力の相乗効果は、とても大切です。

1日の摂取の目安量は8mgぐらいと言われています。

ビタミンEを多く含む食材(アーモンド、落花生、ほうれん草、かぼちゃなど)
ビタミンEには、毛細血管の血行をよくする働きがあります。

毛細血管を拡張して、体の隅々から肌まで血液が巡回して肌荒れの予防や改善に効果があります。
その他、血流が悪化で起こる症状や病気に効果的です。

ビタミンD

ビタミンDは、2つの方法で体内に摂ることが、出来ます。

食事からと、日光の紫外線からビタミンDをつくってもらう方法の2通りです。
バランスのとれた食事と、日光浴をすることで、体内で生成されます。

ビタミンDには、骨の形成と成長促進の働きがあります。
ビタミンDを多く含む食材(魚肉、肝臓、鶏卵、きのこ、海藻類ど)

肌や食事から得たビタミンDは、肝臓や腎臓で生成され活性型ビタミンDになって体内で働いてくれます。

屋内に居る時間が長い方や、外出時の日焼け止めは、過剰になるとビタミンD不足になっているおそれがあります。

紫外線が肌や皮膚に悪影響だと言われますが、日光をおそれずビタミンD3を摂る生活をすることも大切です。

ビタミンDは、短期的、長期的に過剰摂取すると、弊害が大きいです。
サプリメントで摂取する時は、特に注意が必要です。